コンテンツへスキップ

カート

カートが空です

比内地鶏醸しどり

セール価格¥6,156

税込み


 

【比内地鶏の魅力をさらに深めた逸品です。】

噛めば噛むほど深い味わいが広がる比内地鶏。この旨みをもっと楽しんでいただけないかと考えた末辿り着いたのが「醸しどり」です。酒粕と、最高の手仕事でつくり上げられたこだわりの味噌で漬け込みました。そもそも酒粕を使った味噌漬けは、どんな食べ物の味も奥底から引き出す力があります。しかも素材は比内地鶏。私たちも涙が出るようなおいしさに仕上がりました。抜群のハーモニーに、絶妙の香り。醸しどりは、比内地鶏のおいしさを感動的なレベルにまで高めた逸品です。

内容量
もも200g、むね200g

原材料名
鶏もも肉(秋田県産比内地鶏)、鶏むね肉(秋田県産比内地鶏)、味噌(酒粕、米味噌、みりん、清酒)、(一部に鶏肉・大豆を含む)

消費期限
発送から5日間

保存方法
要冷蔵(4℃以下で冷蔵保存してください。)

比内地鶏醸しどり
比内地鶏醸しどり セール価格¥6,156

Customer Reviews

Be the first to write a review
0%
(0)
0%
(0)
0%
(0)
0%
(0)
0%
(0)

比内地鶏について

比内鶏は古くから秋田県の北部、比内地方で飼育されてきたので、この名前がついたと言われています。

比内鶏から比内地鶏へ

比内鶏は純粋な日本地鶏でもあり、学術的にも価値が高いことから、昭和17年に国の天然記念物に指定されました。そのこともあり、自由に食べることができなくなりました。

比内鶏は普通の鶏に比べて身体が小さく、食用にはあまり向いていなかったことから、昭和48年に秋田県産畜産試験場が比内鶏の雄とアメリカ原産のロードアイランドレッドの雌とをかけ合わせて一代雑種を生産し、これに「比内地鶏」という名前をつけ、市場に流通させることになりました。

飼育方法

初生から30日齢頃までは保育器の中で飼育し、放牧場内の簡易鶏舎で一週間程度飼育した後、120日以上「平飼い」とします。トータル150日以上を(地鶏では日本一長期飼育)、1,000羽あたり1500平方メートル(1坪2羽)を基準とした放牧場で飼育し、外周には外敵の侵入を防ぐため防鳥ネットやフェンスで囲っております。

現在比内町は24件(令和4年現在)の農家が生産組合をつくり、極上の比内地鶏作りに取り組んでいます。沢の上流まで水を汲みに行ったり、暑さに弱い鶏のため日影をつくったりし、農家の方々は比内地鶏のために手間、ひま惜しまず愛情をたっぷり注いで比内地鶏を育てています。

油脂抜きの穀物飼料を中心に与えますが、牧草や虫など自然の餌も豊富に食べて育ちます。

比内地鶏の旨み

比内地鶏の肉質の特長はイノシン酸の量が多く、塩焼きにした時のジューシー感と、うま味は日本一だと言われています。

その他にも鍋物にしたときには、細やかな脂肪がうき、鶏肉本来の持つコク・香りがある為「きりたんぽ鍋」などの鍋物にも適しているとされています。

秋田比内やでは、肉質の良い比内地鶏のメスのみを日本全国にお届けしています。

美味しく焼き上げるコツ

醸しどりの味噌をきれいに取り除いてから焼いて下さい。
こがね色にきれいに焼くための秘訣です。

味噌漬け用のシートをはずすだけで、簡単に味噌を取り除けます。
※必ずよく火を通してお召し上がり下さい。

残った酒粕で!

焼き魚

鶏肉を取り出し、残った酒粕にお好みの魚を漬けます。ある程度漬け込んだ後は、酒粕が残らないように取り出し、じっくりと焼き上げて下さい。
※必ずよく火を通してお召し上がり下さい。
魚に限らず、豚肉・牛肉・野菜など、あらゆる食べ物のポテンシャルが引き出されます。

粕汁

普段のお味噌汁に、残った酒粕を適量加え煮込んで下さい。いつもの味にコクと深みが増し、特別感と満足感を味わうことができます。
白味噌との相性がよく、味・香りがマッチして、アレンジをお楽しみ頂けると思います。
※必ずよく火を通してお召し上がり下さい。

千歳盛酒造株式会社

1872年創業。秋田県鹿角市唯一の酒蔵として、
『小さく大事に醸す』ことを真髄に、酒造りを続けられています。

「醸しどり」の酒粕に使用されています。